" /> 教育とは共に育つこと — だから花屋はやめられない

教育とは共に育つこと

我が子 誕生から50日が経ちました

最近ではあやすと声は出ないながらも笑ってくれるようになりました

赤ちゃんは泣くのが仕事とは言うが

時に手のつけられないように泣き喚く時がある

自分では出来るかぎり子育てに参加して

ヨメを手伝ってきたつもりこれからもそのつもりではある

しかし

ホントヨメはえらいと思う

最近では間隔が長くなったとはいえ

4時間おきに母乳をあげ

どんなに泣き喚いてもずっと付き添ってあげている

俺はと言えば

ぐずった時は抱っこして外に連れ出し散歩をしたり

一生懸命あやしてはいるのだが

それでも泣き止まず

何で泣いているのかが分からず

自分のほうが悲しくなるし

あまりに泣き止まないと『ウルセーいい加減にしろっ!』

なんて抱きながら怒鳴ってしまう

その度に後悔してブルーな気分になる

俺は昔から自分の心の中に一本の糸があり

それが切れた時に

衝動的にそこにあるものを壊してしまったり

人を傷つけてしまったり

自分に傷をつけたりしてしまうことが

子供の頃からあった

その度に自己嫌悪に陥り

後悔を繰り返してきた

病気といえば病気なのかもしれないが

大人になるにつれその糸は太くなってきたが

一度その糸が切れると

やはり衝動的な行動をとってしまう

たまに誰も知らないところに

逃げてしまいたくなったり

最近ではあまりないが何もかも捨てどこか遠くに行きたくなったり

そんな時 友達や音楽にずいぶんと助けられたような気がする

よく子育てに疲れ 衝動的に子供を殺してしまうなんていう

悲しい事件がおきるが

実際自分が子供を育ててみると

なんか判るような気がする

仕事で疲れていたり 睡眠時間がなくて

精神的にまいっている時など

自分でもいつまでも泣き止まない我が子の

口をふさいでしまいたくなったり

ベッドに叩きつけそうなくらいの衝動に駆られる

もちろんそんなことは出来ないが

そのくらい泣き止まない時がある

子供を育てるとは言うが

今そうやって自分が我が子に育てられているのかなと

最近思うことがある

しかしヨメは偉いよ

手のかかるのを二人同時に世話するんだから

俺はもっともっと子育ても仕事もガンバラにゃいかんな

花屋の徒然
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
よろしかったらフォローお願いします
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
だから花屋はやめられない