" /> サインはV イカシた婆ちゃんも居るモンだ — だから花屋はやめられない

サインはV イカシた婆ちゃんも居るモンだ

今日は月に一度のデイホームでのアレンジ教室

今日は30人の老人を相手にアレンジを教えました

教えたというより毎度のごとく

花を配っているうちに説明も聞かず花を挿し始めるモンだから

全員の花を配り終える頃には

完成する人もでてくる 正味10分

最近では月に一度のアレンジ教室を楽しみにしてくれているおばあさんもいて

中にはお店に遊びに来てくれる元気な人もいる

部屋に入るなり

思いっきり手を振ってくれるおばあさんや

なぜかVサインをする人もいる

自分で作ったアレンジを自宅に持ち帰り

家族に驚かれたなんて嬉しそうに話すおばあさんもいて

一人300円のアレンジの花材 資材を探すのが毎回とても大変だが

儲けなどとは別のところで続けていかなければイケナイとしみじみ思った

今日はガーベラとスプレーカーネーションとカスミソウで

可愛いアレンジを作りました

まだ3回目とはいえ

最初は痴呆症などの症状が進んでしまった老人達を目の当たりにして

なんだかブルーな気分になってしまったり

切なさを感じたこともあったが

最近 自分の中で少し何かが変わってきたような気がする

何よりもデイホームでのアレンジ教室が

楽しく思えてきた

今の自分の歳では考えられないような行動をとるお年寄りたち

何かを教えようとするのではなく

まずは自分が楽しいというところを見せなくては

お年寄り達は楽しんでくれない

人によってはアレンジをほめるだけでもダメ

ちゃんと手直ししてほしいと思う人もいるし

とにかく褒めてほしいと思う人もいる

冗談や世間話をしながら

その人がどういう性格の人なのかを見極めなければならない

先生でありながら友達でもあるそんな距離を

自然に保たなくてはならない

今日はアレンジ教室のあと

老人達のテーブルでオヤツを頂いた

オヤツは歌舞伎揚げのおせんべいとお茶

部屋には童謡が流され 歌う人あれば寝てる人もいる

3人のおばあちゃんから

『硬くて食べられない』からとおせんべいを貰い

だいぶ老人達の方から話しかけてくれるようになった

普段接している男の介護士さんたちとは

息子や孫のように感じ

二まわりも三まわりも年下の女性の介護士さんには

まるで母親に甘える子供のような老人達

そんな信頼関係ができあがっている

いきなり見知らぬ人が来ると身構えてしまうようだ

最初はそんな感じで

話しかけても返事をするだけだった人が

帰りがけに『バイバ~イ』といって

なぜかまたVサインをしてくれた

あのVサインの意味するところは?

そのうち敬礼や『バンザ~イ バンザ~イ』なんてされたりして

それよりも拝まれたりして

花屋の徒然
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
よろしかったらフォローお願いします
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
だから花屋はやめられない