" /> さあ 奮い起て!俺  っていったいどこが? — だから花屋はやめられない

さあ 奮い起て!俺  っていったいどこが?

皆さんご承知のとおり

私 窪田直秀 42歳はperfumeとpaletteの2店をやりながら

大田市場仲卸 大田フレッシュフラワーでも働いています

勤務は表日の月、水、金  の午前3時から8時か9時くらいまで

人からは『よく体が持つね』とか『いつ寝てるの?』といわれますが

それほど体的にきついとは思ってはいないし

仕事しながら仕入れも出来るし

なんせ金銭的に固定給があるって事は大きいのが理由です

いつも2時に起きて市場へ向かいます

3時から仕事といっても

3時4時には市場へ仕入れに来ている花屋さんもたくさんいるし

そんなに大変ではないです

5時くらいに仕入れに行くのは当たり前なくらいです

そんな俺 仕事仕入れを一通り終えたら大田市場をあとに次は世田谷市場へ向かいます

前日に相対にて仕入れた花を引き取ります

さすがにそれから店には直行はせず

一度家に帰り 昼食をとり一休みをして店に行き水揚げをします

家ではヨメが仕事に持ってゆく弁当と一緒に

俺の昼飯を用意しておいてくれます

これがとてもありがたいのですが

最近ちょっとヨメに悪い癖が...

見てくださいこの昼飯

ご丁寧にハムを使って

愛妻弁当といえば

ふたを開けるとハートの絵が描いてあったり

海苔で文字が書いてあったりというのが普通ですが

我が家ではこんなんです

ハムをめくると

何ですか?これ

ご丁寧にティクビーのところは桜デンブまで使い

手の込んだことしてます

おかげでがんばって働けるのかもしれませんが

まだまだ可愛げのある感じですが

これに気をよくして

リアリティでも追求された日にゃ

仕事になりませんよ きっと

まあ確かに元気は出るかもしれませんが別の意味で...

なんにせよ毎日手作りのご飯が食べられるということは

こんな幸せなことはないですな

花屋の徒然
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
よろしかったらフォローお願いします
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
だから花屋はやめられない