" /> 本当に大切な事を小さな勉強会で — だから花屋はやめられない

本当に大切な事を小さな勉強会で

お盆の正式名称は[盂蘭盆会・うらぼんえ]

13日の夕方に迎え火を焚き、先祖の霊を迎えます。

16日の夕方、送り火を焚き、御先祖さまにお帰りいただきます。

よく7月のお盆を新盆(ニイボン)8月を旧盆といますが

正式には

「7月盆」 新暦 7月15日ころが中心  東京・横浜 東北地方など

「8月盆」 新暦 8月15日ころが中心  全国的に多い。北海道 新潟 長野 関東南部 関西地方 など

「旧盆」 旧暦  旧暦の7月15日ころが中心(新暦での日程は、年によってことなる。)  関東北部 中国 四国 九州 南西諸島 など

「8月盆」については、「旧盆」と呼ばれることがありますが

旧暦の盆が正式な旧盆です

新盆というのは

四十九日の忌明け後、初めて迎えるお盆のことで

(新盆アラボン)、(初盆ハツボン)、(新盆シンボン)とも言います

※四十九日の忌明けより前に、お盆を迎えた時は、その年でなく、翌年のお盆が、新盆となります。

 

牛馬 キュウリとナスビに割り箸を刺して馬と牛に見立てたもので

キュウリは馬の例えです。

お盆のときに、少しでも早く迎えられるよう

ナスは牛を表現しています。

お盆が終わって、帰るときはのんびりと荷物をたたくさん積んでかえれるように

そんな意味があります

灯した提灯の明かりを頼りにご先祖様が帰ってきます

そのほかいろいろと意味がありますが

あとは自分で勝手に調べてください

昨日だけで2軒の友達花屋さんから

「お客さんに聞かれたんだけど、どうやって説明したらいいの?」

なんて問い合わせがありました

実際うちに来るお客さんも知らない人が多い

お客さんが知らなければ花屋さんが教えてあげればいいけど

花屋で知らない人があまりに多すぎ

最近ではネットで簡単に調べられるんだから

お客さんに説明できるくらいは勉強しておきましょう

花の関わる立派な日本の行事です

こういうことを花屋がちゃんとやってゆかなければいけないと思うんですが

俺だってお店をやってからいろいろと調べて覚えていきました

それでもまだまだ知らないことばかり

お盆の事だって

浄土真宗の人は

盆に霊が帰ってくると考えないから、お盆飾り飾りや送り火・迎え火などはしないって最近わかったし

それでもお客さんの中には気持ちだからと

ちょっとした飾りをしたりする人もいたりするから

絶対にこうじゃなきゃいけないって事もなくなって来てるけど

ベイシックなところはしっかり抑えておきたいです

その都度いろいろ聞いてくるのもかまわないが

どうもその場しのぎなだけで聞いてくるから

毎年毎年聞く羽目になる

もうちっと自分で勉強するという気持ちを持ってもらわなくちゃ

一年通していろいろな行事が日本にはあり

昔からそんなときには必ず花が関わってきます

そういった大切なことを花屋がどんどん伝えていけるようになりたいです

世田谷市場の小さな勉強会も

お盆とか節句の花とか

そういう花のことや季節の行事の花のこともみんなで勉強会を開けばいいのに

ヨーロピアンブーケとかなんたらアレンジなんてのは

もう飽きました

結局のところナニがヨーロピアンでパリ風なんだか

言ったモン勝ちだし

母の日に売れる商品を勉強ったって

店によって売れるもの違うし客層が違いますから

人の店の真似したって売り上げ上がるわけじゃないしね

あとは自分の努力しだいです

そんなことより

売れる仏花講座とか綺麗に豪華に見える仏花

お悔やみ 供え花 枕花の作り方とか

仏花の紙の巻き方なんてどうですかね

みんなそれぞれ仏花を持ち寄って

昔ながらの花屋さんの親父かなんか講師に招いて

頭にするものや肩が出てないとか

菱形にするにはどうしたらいいかとか

その時期 仏花に向いている花材とか

フューネラルじゃなくお悔やみ供え花です

実は奥深いですよ

秋のお彼岸へ向けてこんな勉強会もいいんじゃない

 「しっかり勉強せー!!」

花屋の徒然
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
よろしかったらフォローお願いします
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
だから花屋はやめられない