" /> 花に携わる者 (社)仲卸協会レセプションパーティー — だから花屋はやめられない

花に携わる者 (社)仲卸協会レセプションパーティー

22時 家に帰ってきました

今日は自分だけ早あがりさせてもらい

全国仲卸協会の法人化記念のレセプションパーティーへ行ってきました

場所はギロッポンですよヒルズですよ

六本木ヒルズ 40階

まあ夜景がやけいに綺麗なセレブレティあふれるスポットでした

感想はといいますと

美味しかったです  お腹いっぱいです

全部の食べ物を制覇しました

飲み物もお酒以外はすべて制覇

満足満腹 レポートは以上です

ちょっとだけ何か言わせてもらいますと

法人化ってなんか意味あんの?

法人化にあたりどれほどの花屋さんが知っているのか

またそれを望んでいるのか

会場は何百人という花関係者たち

何でここにいるの?的なオレはただひたすら食うしかありません

最も最初からそれが目的でしたが

今更ながらこんなこと言ったら怒られそうですが

1000分の一構想ってなんですか?

いまだにわかりません

今まで一匹狼的な仲卸が不景気になって徒党を組んだだけ?

まあそれでもやる気は感じられました

今回の台風で被災した生産者さんへの募金なども集めていました

それは自分ではとても関心がもてましたが

あんな高級な場所で料理いっぱい飲み物いっぱいお土産付きにしないで

その分 募金に回せば良いのにと思ったりもした

需要喚起 消費拡大については具体的なことはわからず

これから模索といった感じか?

もともと仲卸の言う消費者というのは

市場へ花を買いにくる花屋さんまでのことばかりで

その先の一般の消費者のことはあまり考えていないのではないだろうか

考えていないというのはちょっと言い過ぎかも知れないが

その先までまだ具体的な案が浮かんでいないといったほうが正しいかも

よく仲卸は産地フェアなどをやっている

仕入れに来た花屋さんに『どこどこの産地フェアです』『買ってください』と

声を上げているが

一度たりとも

『この産地のこだわり 花の良さなど一般の消費者に伝えてください』 

『こんなところをアピールしてください』などという

売り方をされたことがない

結局 仲卸の店頭でその花が売れればお終い的なところがあるのかもしれない

なんだかんだ文句ばっかいってますが

当の仲卸の連中は決起集会ということもあり結構やる気満々でした

エイエイ オー!なところは良いんじゃないでしょうか

最後に小池社長のスピーチは力のこもった

思いが良く伝わりました

社長の熱い願いが叶うと良いですね

全国の一世帯に必ず花が飾られている世の中

俺もそうなることを望みます

いろんな人に会えましたし話もできたことで

とても有意義な時間をすごせました

普段こちらからなどとても話かけられないような人がたくさんいました

そんな方たちを紹介していただいたりお話させていただいたことは

とてもうれしかったです

 

花屋の徒然
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
よろしかったらフォローお願いします
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
だから花屋はやめられない