" /> 時間的な問題は金銭的なロス — だから花屋はやめられない

時間的な問題は金銭的なロス

今日は鉢物のセリに行きました

最近どうも気持ちが弱気のためか

競り負けることが多い

イケイケで競ってもいらないものを買ってしまったり

高い値段で競り落としてしまったりするから

どっちがいいかわからないが

今日は暖かかったので売れ残ってしまったクレマチスが伸び伸びになってきたので

ひと回り大きい鉢に植え替えようと

今絡んでいる支柱からはずす作業をした

毎回 やらなければ良かった的な気持ちになる

上手にはずせず茎は折れるし、新芽は折れるし

仕上がってもなんか貧弱に見えるし

出荷するまでの生産者さんの手間は大変だなと毎度毎度思う

買っていったお客さんはどうしているんだろうか

今季はこのままにして

伸びてきた芽はそのまま絡めていき

秋になって枯れて根だけになるまではそのままにしておいた方がいいのだろうか

そして今日は配達もなく

ノンビリした一日だったので

母の日のチラシをプリントアウトしてみた

このチラシは母の日のメッセージカードが付いています

このカードにメッセージを書いて持参していただき

早めの注文をしていただいたお客様に限り

各店先着100名様 10%OFFというキャンペーンをやるんだけど

チラシが25円 プリンターのインク代などのランニングコスト

それと10%オフ

今までこのランニングコストやラッピング資材などの経費

手間賃や自分の残業代などを

あまり考えてこなかったが

本当はこんなんじゃイカンよね

ちゃんとそこんとこも考えた上で

利益を出していかないと

売り上げが幾らあるかよりも利益がどのくらいあるか

今年に入って仕入れの面でもその辺のことを考えて

いかに無駄のない仕入れをするかを考えてきました

無駄な仕入れを避け

ディスプレーなどを工夫して

上手に花を見せることを考えたレイアウトに変えてみたりした

確実に売り上げのあがるものとあがらないもの

売れるものと売れないもの

ある品物が売れるために引き立てるものと余分なものの違い

それでいてつまらない仕入れにならないように

お客さんの目を楽しませる

そんなことを考えてきました

この何ヶ月かで結果はまだはっきりとは出ていませんが効果は出てると思います

無駄に何時間も残業するよりも

営業時間の中できっちりと仕事をする

そう考えると配達って時間もかかるし効率悪いな

しかし今はウチの店 配達によるお届けが多いんで

店売りとギフト(配達)は生命線だからはずせない

なるべく効率よく回れるように

配達エリアやその日回るルートは重要です

スタッフがいるんで配達に出ている間も

店を閉めたりすることなく営業できるんで助かります

母の日も近いんで

時間的な問題は金銭的なロスだと考え

もう一度 エリア ルートなど再検討しています

そういうことを考えたりするのが好きなんです

花は好きだけど

特別花屋さんが好きなわけではなく

なになに屋さん

おみせ屋さんがやりたかったんです

魚屋さんでも八百屋さんでも良かったのかも

ただ花業界に入ったということで花屋さんなのかも

今は花屋はでよかったと思うこともある

ここ最近でやめてしまう人や2店舗目を出して意気揚々な人がいたり

花屋として独立したいんだけどと相談されたりと

周りではいろんなことが転がり始めています

新しく始めたいという人に相談を受けても

『儲かんないしつらいからやめたほうがいいよ』としか今の立場では言えないが

『やってみなよ 楽しいよ』と胸を張って言える様に

自分もがんばらなくては

このブログタイトルでもあるように

『だから花屋はやめられない』

間違っても『だから花屋をやめちゃった』にならないように

がんばらなくちゃな

花屋の徒然
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
よろしかったらフォローお願いします
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
だから花屋はやめられない