" /> 実はこれ本音です — だから花屋はやめられない

実はこれ本音です

予想通りというかいつも通りというか

今日も『遅くなってごめん』需要が何件かありました

ここ数日は数は少ないもののあるモンです

母の日当日にこだわる俺としては

やはりその当日は期待しないものの期待しているお母さんは多いと思います

当然のように毎年貰っているお母さんも多いだろう

だったら母の日は朝から家にいましょう

と言いたくなるくらい不在率が年々高くなっている気がする

昔配送の仕事で世田谷区内を一日中走り回っていた俺は

40件くらいの配達は屁とも思っていませんでしたが

さすがに昨日は疲れました

前日からコースを入念にチェック 効率良く回る順番に伝票を整理

イメトレもバッチリで挑んだわけですが

この不在率の高さに

コースごとに分けた順番も

だんだん虫食い状態になり

一番遠いところと遠いところが皮肉にも残っていって

回ってる途中で不在票を見たお届け先様から『今ならいます』『何時ごろまた出かけます』

という連絡をもらい

今来た道をまた戻ったりとかなり昨日はやられました

それと電話確認後に行くこともありますが

基本的に一度行っていなければ不在票を入れなくてはいけないので

行ってみると実は居たとかよくありまして

最近はナンバーディスプレーだったり

振り込め詐欺などの事もあるので

知らない電話には出ないようにしているらしい

留守電にメッセージを入れてる途中で出たりもします

あとは伺った際に何回インターホンを鳴らしても応答がなく

不在票を入れて

帰宅後に在宅時間を折り返し電話してもらおうと電話を入れると実は居たりと

そんなことが多いです

今年は配達に一日中出ていたので

店頭に立つことはあまりなかったけど

配達時に驚くほど喜んだリアクションのお母さんが居たり

普段 不精な息子なのだろうか?

花なんかいきなり届くもんだから

『ありがとう』一言のメッセージで涙ぐみそうになるお母さんなどなど

宅配ならではのドラマがたくさんありました

きっと店頭でも小さなドラマがたくさんあったのだろう

それはどこの花屋さんでも多かれ少なかれあると思います

花が届いて迷惑がる人はいない  はず

贈った人の気持ちと

貰った人のその笑顔を商品代金と一緒に花屋は貰っているんだなと思うと

連日の積もり積もった疲れは癒されると思いますが

なーんてことを言っては見ましたが

正直言って

ハンパないこの疲労感と筋肉痛を利益の中からひくと

やはりワリのいい仕事じゃないな

特に物日は

これ本音です

花屋の徒然
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
よろしかったらフォローお願いします
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
だから花屋はやめられない