" /> 殺処分 — だから花屋はやめられない

殺処分

昨日twitterでつぶやいたら

DMとかいただき反響がありました

川南町のムッチー牧場だよ~ん。

つらいのはわかっていながらもまた今日も読んでしまいました

現状はもっと悲惨なことだろう

他人事だから読んでいられるのだろうけど

牛や農家の方々 がんばってください 口蹄疫根絶の日まで

根絶したところで

殺処分となった牛達は戻ってはこない

殺処分 殺 殺しですよ

簡単に殺処分なんて言うけど

殺されてゆく牛 それを見送る農家の人たち

涙なくして読めません

行政も難しい判断だと思いますが

現場は地獄です

牛や豚を殺すことが可哀相といったら

肉を食べる俺はえらそうなことは言えません

お肉大好き 焼肉大好きですから

ただ育てている人たちには生活の糧であり家族なんだなと

ブログを読んで感じた

畜産は食につながるものだからこんなに騒ぎになる

動物は声を上げ 抵抗する だからかわいそうなのか?

花を作る生産者さんは同じ農家としてこのことはどう思うんだろう

花もウィルスなどによってダメになってしまうことがある

ハウス全て処分と言うことになったら

やっぱり悲しいだろうな

作付けから丹精こめて育てた花

俺達花屋には聞こえないが

生産者さんには処分された花の悲痛な叫びが聞こえるのだろう

店に仕入れてきて

破棄される花も多い

以前このブログで花は根から切られたときから本来の生き方と違うと書いたが

ならば最後の最後まで花瓶の中で咲ききり散ってゆくのが

切花の生涯

破棄も簡単には出来ないな

飾ってくれるお客さんに配ってでもいいね

といっても簡単には解決しないのがロスってヤツです

花屋の徒然
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
よろしかったらフォローお願いします
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
だから花屋はやめられない