" /> 我が家のバケツ稲 近況報告とワールドカップの話 — だから花屋はやめられない

我が家のバケツ稲 近況報告とワールドカップの話

お店で育てているバケツ稲の近況

昨日あたりから水を抜き 中干ししています

しばらくはお水をあげません

表面が乾いても中はまだまだ水がしみています

このまま10日くらいかけてカラカラにします

こうすることで

根は水を欲しがり、下へ下へと伸びてゆきます

株を立派にする為に根を張らせます

太陽の光を十分に浴びて

50cmくらいまでなりました

秋の収穫がとても楽しみです

さて今日の店内ですが

花が何にもありません

週末はお悔やみから送別 開店祝いと

嬉しいことに注文が多かったです

金曜に仕入れた花もほとんどなくなりました

昨日の夜に友達の花屋さんへ

自慢しがてら電話をしまくり花を少し分けてもらおうと思いましたが

ウチが忙しいということは

当然ながら他のお店も忙しいわけで

同様に友達の花屋さん数件も

花不足でこまってました

いよいよ明日の仕入れから東京盆の仕入れが始まります

それに加え 開店祝いなどの祝い花の注文も多く

仕入れは複雑です

この時期は花も持たなくなってきているので

なるべくロスのないようにこまめに少量づつの仕入れになりますが

週末のようなことがあると当然足りなくなってしまうので

とても難しいです

perfume paletteでは明日からお盆用品の販売を開始いたします

スーパーなどではすでに販売しています

よく聞く話では

近くのスーパーで売ってるからウチでは置かないとか

張り合っても勝ち目がないなどということを聞きますが

ウチでは打倒スーパー

ガチンコ勝負で張り合います

昨日のアルゼンチンのように

それにしても昨日の試合は面白かった

ワールドカップ開催時からドイツかアルゼンチン優勝を予想している俺としては

いわば昨日の試合は決勝戦

とても見ごたえがありました

決定的な4点目が入っても攻撃の手を休めない

時間稼ぎなどしないドイツの素晴らしいプレイ

そして最後まであきらめないアルゼンチンのプレイ

最後まで目が離せませんでした

日本が負けて

世間ではすっかりワールドカップムードがなくなり

ベスト8からは本当にワールドカップが楽しいです

今までワールドカップは必ず見続けてきましたが

個人的にすきなのはワールドカップベスト3は

1974年ドイツ大会 言わずと知れた皇帝ベッケンバウアー ゲルトミュラー全盛期

1986年メキシコ大会 言わずと知れたマラドーナ 神の手ゴールや五人抜き まさに絶頂期  イングランドにはゲーリーリネカーもいました

1990年イタリア大会 大好きなベッケンバウアーは西ドイツの監督になりました

この頃のチームにはリッティことリトバルスキー

イタリアチーム スキラッチ ロベルトバッジオ 

ユーゴスラビアのストイコビッチなど

日本でもお馴染みのスター選手がいっぱいいました

そしてこの頃からかフーリガンなんて言葉も流行りました

反対にデンマークのファンは紳士的でローリガンなんて言われていたようないなかったような

関係ありませんが

ワールドカップ Wカップ というと

なんだか Dカップ Eカップとなんだかすごい胸のことかと思う人も

いるんじゃないでしょうか?

・・・・・いないか...

花屋の徒然
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
よろしかったらフォローお願いします
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
だから花屋はやめられない