" /> 渥美レポ Vol 2 — だから花屋はやめられない

渥美レポ Vol 2

二日目~

昨日の熱く たのしい懇親会からホテルに戻ったはいいが

部屋の電気のスイッチがわからず右往左往

入り口のドアを思いっきり開けて閉まるまでに右往左往

それを何回か繰り返しようやく点灯

次はエアコンのスイッチがわからず右往左往

しばらくしてようやく見つけて

ベッドでスヤスヤ

朝 聞けばトメ君は結局スイッチがわからず

布団かぶって寝たらしい

ゴッチはすぐにわかったらしい さすが

というわけでそれぞれがおもいおもいの朝を迎えたわけですが

朝食はとても美味しく

すっかりリゾート気分

しかし本来の目的は産地見学

そんなこんなで2日目スタート

まず最初に伺ったのは

渡会園芸さん

お盆明けくらいから

コスモスの出荷が始まってます

露地一面のコスモスの花はとてもきれいです

秋を象徴するコスモス

当店でもよく売れます

お客さんからよく聞かれる栽培方法など

お客さんの目線で色々と質問してみました

渡会さんはとても丁寧に説明してくれました

そして渡会さんのこだわりの花

ネイティブ系やちょっと珍しい鉢物

それらも丁寧に作られ こだわりを随所に説明しながら案内してくれました

2,3ヶ月に一回はオーストラリアに出向き

日本向けのネイティブ系の鉢物を探し育て出荷しています

そして跡継ぎの息子さんは

フラワーデザイナーのところに弟子入りして

寄せ植えなどを勉強中

渡会さんはこれからの生産者さんも

花屋さんに買ってもらうために

本来花屋さんがお客さんのためにするような

寄せ植えサンプルなど作ってアピールしていきたいといっていました

コスモスの出荷を大手よりもずらしたり

希少価値のある珍しいものの出荷

そして寄せ上などのアピールで

自分の作る花に付加価値をつけていきたいと言っていました

そしてこれからは生産者さんと花屋さんが互いに手を組み

消費者の人へ何か動き出さなければいけないと話していました

FFCNの話も興味深く聞いていただき

少し関心を寄せてくれました

同行していただいたローズマート出荷組合の青山さんとはなんとテニス仲間

昨日の渡会さんとは同級生ということもあり

最後まで和気あいあいでした

次に伺ったのは

鈴一園の鈴木さん

砧へはポインセチア アジサイなどを出荷しています

ハウスに入ってまだ赤くなる前のポインセチアです

あと2週間くらいで短日処理をして

みんなの知ってるあの赤い色になります

とてもキレイに並んでいるのを見ただけで

丁寧なつくりとこだわりが伝わってきます

一番奥で盗撮するローマー008

鈴木さんもとても丁寧に栽培についてなどのことを説明してくれました

これはアジサイの赤ちゃんです

来年の母の日出荷です

鈴木さんのハウスではこのようなハイテクな機械で

水遣りをしています

水に肥料が設定された量混ぜられ

余った水はまた機会に戻され また適量の肥料が足され花に与えられます

そして鈴木さんは土にもこだわり

友達と試行錯誤失敗を繰り返しながら2年くらいかけて最適な土を作り上げました

この辺にも作る花へのこだわりを感じました

このあと鈴木さんを交えて昼食へ

伊良湖の先の海が目の前の定職屋さん 灯台茶屋へ

俺とゴッチは兼ねてから食べてみたかった大アサリ

焼き大アサリ定食を注文

焼きあさりにアサリのフライなどなどアサリ尽くし

トメ君はこの時期 名産品でもあるデッカイ岩ガキを使った

岩ガキ定食を注文

ご飯を囲みながら

鈴木さんにFFCNの活動のことなどを話した

とても興味を持ってくれたみたいで

いつでも協力していただけるといってもらった

そして鈴木さんは言っていました

今の厳しい時代

栽培面積などを増やし

設備投資や人材などの経費につぎ込み

出荷量を増やすよりも自分の手が届く範囲 目の届く範囲で花を作らなければ

量は増やせるが品質を下げ 結局は自分の商品価値を下げると 

埋めよ増やせよ

出荷すれば売れた時代は終わっていると

アジサイなどは出荷までにとても時間のかかるもので

今年選んだ品種が来年受けるとも限らず

直感で栽培品種を決めるといっていました

そして今年売れた品種の苗が来年用に入荷するとも限らない状態

出荷市場によって売れる品種や色が毎年違い

品種選びはとても重要で難しいといっていました

みんなそれぞれに悩み考えて

この不況に立ち向かっています

花屋もこうやってこだわって花を作る人の花を売っていきたいと思いました

このあと鈴木さんには

次に伺う 永井園の永井さんの圃場まで案内していただき

お別れしました

また会いたいですね

またまた長いレポートになりましたがVol 3へと続きます

花屋の徒然
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
よろしかったらフォローお願いします
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
だから花屋はやめられない