" /> たった一人でも好きだと言ってくれる限りは — だから花屋はやめられない

たった一人でも好きだと言ってくれる限りは

また一週間の始まり

最近の月曜日は週末の婚礼あとで

ちょっと拍子抜けした感じで仕入れにも気合が入らないんですが

基本は店売りなんで

そんなことも言ってらんないけど

どうもエンジンの掛かりが悪い

今日も市場から戻ると水揚げと配達

そして週末の婚礼用の花材のリストアップ

スタッフの配置とタイムスケジュールとの睨めっこです

そんなこんなで

婚礼の仕事が始まり

2店舗経営がとてもアップアップ状態

色々悩んでまして

自分の思うような商売が出来ず 目が行き届かず

手が回らない状態に歯がゆい売り上げを出しているので

思い切って梅丘店を閉めるかどうかというところまで

悩んでいるわけです

そんな中 一人のおばあちゃんがpaletteで本柚子 金柑などの鉢を買ってくれて

自宅へ配達しました

おばあちゃんの世間話を聞いていると

何年か前に御主人をなくし

家や土地を売り 今は一人でアパートに住んでいるらしい

自宅があったころは庭が広く

たくさんの花を育てていて

御主人が好きだった春蘭の鉢は何十鉢もあったらしい

それが今はアパート暮らしになり

わずかな軒先のスペースで大好きな花を育てていた

その中に御主人が好きだった春蘭の鉢を2鉢だけは何とかここへ持ち込んだらしく

大事そうに置かれていた

普段自分がいないpaletteには足が悪いにもかかわらず

20分かけて歩いて買い物に来てくれるらしい

梅丘には他にも4件の花屋さんがある中で

paletteを御愛顧いただいているらしい

そんなおばあちゃんが別れ際に

『あんたの店は梅丘で一番良い店だよ』と言ってくれた

そんなことを言ってくれる人が

一人でもいるってことは有り難いことで

そんな御ひいきにしてくれる人のためにも

いい加減な商売は出来ないし

これまた悩むところです

perfumeの方は相変わらず

毎日がバタバタと忙しく

スタッフに負担がかかりすぎてしまっている

この負担を上手く振り分け

婚礼 店売りと自ら選んだ道をがんばることが

今後の目標だと思います

と言うわけでして

引き続きスタッフを募集しています

花屋の徒然
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
よろしかったらフォローお願いします
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
だから花屋はやめられない