" /> バレンタインには花束にチョコを添えて — だから花屋はやめられない

バレンタインには花束にチョコを添えて

あーやりたいこと やらなきゃいけないことが山積みだ

婚礼の仕事が立て込み 後回しになっていただけ

婚礼のほうがひと段落終えたと思ったら

もう暮れの繁忙期に突入

彼岸 母の日 お盆 暮れ などの繁忙期を花屋では物日といいますが

この何年か物日が売れなくなって来ているといわれています

もともとウチは大して売れているわけではないので

ほかの繁盛店のように落ち込みようがよくわからない程度

花屋全体が冷え切った感じになっています

市場でも儲かんないとか売れないとか

そんな会話ばかり聞くことが多くなった

自分の店でよく考えてみる

売れない売れないと言って

何か売れるように仕掛けただろうか?

やってみて売れなかったのだろうか?

いやいや

まだまだ努力が足りないなウチも

これもまた来年の目標ではありますが

来年来年と先延ばしにしてもしょうがない

すぐトライしてみなければ

意味がない

なのでもう来週から

何か戦略を立て挑んでみたいと思います

ん?その戦略? ひ・み・つ

ひとつだけわかったことは

売れない=仕入れをへらす

資金が苦しい=経費をへらす

10月の当店の状況

でもこれでは駄目だなと思った

可能な限り

仕入れ量 品揃えはへらさず

売り上げを上げるために手を打つ それも必死になって

そう思って変えようと考え始めた11月

なかなかそう簡単には結果は出ないが

このまま何とか年末商戦へ

まさに必死というより瀕死になって

その年末商戦に挑みながらも

来年のことを考え始める

まず1月は新しいスタッフに入れ替わるので

体制を立て直しどうしたら売れるのかみんなで考える

2月 毎年少しばかりだけど忙しいバレンタインデー

毎年ささやかながら自店でいろいろとやっていますので

今年はもう少し力を入れて挑みたいと思っています

そんな中 花業界でもこのバレンタインデーをひとつの物日にしようという

動きがある

それが『フラワーバレンタイン』というキャンペーン

何でも一万円を払うと

映画『バレンタインデー』のDVDと

店頭に貼るポスターなどなどキャンペーングッズがもらえるらしいが

いかなるものか

俺なら以前からバレンタインでーにはのぼりやポスター チラシなど

自分で用意してそれなりに売ってきているので

ここであえて1万円も出費するつもりはない

一万円あれば

もっとほかのやり方 自分のやり方でアピールできるはず

映画がみたけりゃTUTAYAで借りてくりゃイイし

センスいいか悪いかは別として

みんなが一丸となって同じチラシやポスターを店頭に張り出していれば

一般の消費者の人は『ん?何?』と思ってくれるだろうから

そういう点では効果が上がるだろうが

売り上げが上がるかどうかは

また別問題

一万円は大きいよ

だからきっと現状は

お金に余裕のある花屋サンが付き合いでお金を払って参加したり

一万円払えば黙っていても売り上げが上がるなんていう

漁夫の利的な努力も何にもしない花屋サンが参加するだけじゃないのか?

実際ポスターもちょっと世間の流行とか気にしてない

センスレスなポスターだしね

もうちょっとカッコつけること出来なかったのかしらん

このキャンペーンて何年計画というか

定着するのにどのくらい見ているのだろうか?

キャンペーン始めました

次のバレンタインは花屋ウハウハ

なんて思っているんじゃないだろうか

最初は『チョコと一緒に花を添えよう』くらいでいいんじゃないの?

じゃないと来年はきっと

『1万円も払ったのに売り上げ上がらないじゃないか』なんてことになるかも

もちろんウチは何年も前から

『花と一緒にチョコを添えよう』という気持ちで

今までやってきた

エラソーに言ってるがそんなたいしたことはやってないけど

それでもそれなりの結果は出ている

長くなったが物日を作ろうというのはイイことだと思うので

あまり最初から気負わずに頑張ってください

間違ってもどこぞのホテルで

『フラワーバレンタインキャンペーン』決起集会なんていうのはやらないように

全国の花屋さんから一万円ずつ集めて

その集まった札束を眺めていったいどこの誰が笑うのだろうか?

そんなのがバレた日にゃ

バレンタインデーならぬ バレちゃったでーにならないように

最後はつまらん親父ギャグでお開きとさせてもらいます

花屋の徒然
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
よろしかったらフォローお願いします
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
だから花屋はやめられない