" /> 羽ばたけ花の世界へ — だから花屋はやめられない

羽ばたけ花の世界へ

研修を終えた

大学生は福島県二本松へ帰っていきました

3日間とはいえperfumeで研修したことで

夢だった花屋さんになることへ

いいスタートが切れていれば良いなと思います

研修の終わりに

花屋の必需品 花バサミを彼女にあげた

このはさみを持って

何年後かどこかの街の花屋さんでがんばってほしいなと

もしかして

perfumeのスタッフになっていたりして

それならそれで

3日間は無駄にはならなかったんだなと思います

元スタッフのガッチ

そのキャラゆえに

誰からもイジられ 可愛がられたガッチも

perfumeをやめてから

今 別の花屋さんでがんばっている

最近では仕事も任され市場に一人で仕入れに来ている

車の運転が下手で

今 perfumeの車をぶつけた張本人

そんな彼女も

今一人ではいエースに乗って市場へ来ては

止める場所に困り

2週3週回りながらがんばっている

そんなガッチのがんばりを見るのが

最近の楽しみでもあります

技術的なことはなんも教えてやれなかったが

花屋の苦しみ楽しみを

今別の花屋さんでわかってきたんだと思う

研修に来た大学生も

来春大学を卒業して

花屋さん働き出して初めて苦しさがわかると同時に

やりがいなんかも見えてくるんじゃないかと思います

店売り 婚礼 葬儀 園芸など

花屋といってもいろんなジャンルがありますが

どのジャンルも

お客さんあってのこと

祝いもお悔やみも

どちらも贈る人の気持ちを一緒に届けるのが

花屋の仕事

そんなことをもう一度考えさせられる

研修でした

花屋の徒然
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
よろしかったらフォローお願いします
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
だから花屋はやめられない