" /> お互いお客様あってのものでしょう? — だから花屋はやめられない

お互いお客様あってのものでしょう?

あっはっは

ヤマト運輸をギャフンと言わせてやったぜ

先日発送した商品を破損させられ

お届け先から受け取り拒否になってしまった

早速代品を送りなおしまして

お客様には納得していただいた

肝心のヤマトのほうは

『弁償しますので請求書をください』

と、そ知らぬ感じだったので

莫大な金額を請求してやった

閉店間際に事故担当の人から電話が来た

『何でこんな金額になるのか』と

はっきり言って警告のつもりだったけど

あからさまに事務的なことばかり言うので

お互いお客様あってのものでしょう?

『お客様の信用を裏切ってしまったことへの損害賠償です』と

何を言ってもその一点張りで通したら

菓子折りもって先ほど担当者が店にやってきた

俺もそんなに悪人ではないので

許してやることに

もちろんプラスαで弁償はしてもらいますがね

だってそうでしょ

ヤマトにとっちゃ

たった一回の破損でも

お客さんにとっては思いの詰まった大切なギフトなんだから

『もうあの店には頼まない』なんてことになったら

たった一個の荷物というだけではすまないんだから

あー俺ってなんていい人なんだろう

花屋の徒然
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
よろしかったらフォローお願いします
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
だから花屋はやめられない