" /> 店には変わった人がたくさん来ます — だから花屋はやめられない

店には変わった人がたくさん来ます

一昨日雨で売り上げが散々だったので

今日は定休日返上でお店開けました

結果は惨敗

たいていこういった結果に終わっている定休日返上

休みだと思ってこないのならそれはそれでお店として定着しているのだろうと

良い方向で考えることに

そんな中来店してくださったお客さんには感謝感謝ですが

いつもなら定休日

普通に電話してきてアレンジメントお願いしますと注文してきたのは

すぐ近所の人

この日といつもあまりこちらの話を聞かない人で

大体いつもいきなり電話してきて今すぐ取りに行きますと言って

30分くらい遅れてくる人

今日は娘さんだったけど

お母さんもまったく同じ

お待たせするので

早めに電話いただければお待たせせずにお渡しできますよと

もう何年も言い続けてきてるが

一向に早まることもないし

時間通りにきたこともない

まあいろんな人がいるって言うことですが

今日はもう一人変わった人がいて

土曜日にアレンジメントの注文をいただいていて

バスケット代がもったいないので自宅にあるバスケットを持参で注文

ここまではよくある話

しかしその人今日は3回も店に来て

土曜日の注文の確認をしていった

持参したバスケットは小さくないか?

バスケット持参だからその分お花を入れてほしい

金曜に花が入ると聞いたけど何の花が入るか?

お祝いなので華やかにしてほしい

これを三回

おばあちゃんなんで

たぶんいつもの行動から観て

少し痴呆症が入っていると思われるが天然なのだろうか?

邪険にはできないが

さすがにほかのお客さんがいるときはしばらく一人でしゃべらせておいたが

相手が聞いているのかどうかも関係ないようだった

月に一度デイホームでの花教室をやっているおかげか

このくらいはまだまだ序の口

手馴れたもんです

花教室はもっと壮絶な現場ですから

花屋は花で人を癒すことができるが

花屋が花で癒されるのはなかなかないな

きれいごとばかりつぶやいてる人もいっぱいいるけど

実際のところはそうでもないんじゃないのかな

花屋の徒然
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
よろしかったらフォローお願いします
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
だから花屋はやめられない