" /> party is not over — だから花屋はやめられない

party is not over

いよいよ今年最後の営業日

昨日は雨でどうなることかと思いましたが

心配をよそに目標をクリア

今朝は開店当初はどうなることかと思いましたが

昼過ぎから

隣のスーパーへのお正月の買出し客が増えてきて

その流れが花屋にも流れてきました

順調に花もなくなってきてますが

ウチの店のモットー

品切れを起こさないの通り

まだまだ余力たっぷり

年が明けても普通に営業できます

和花から洋花まで取り揃えています

ただし営業時間は18時くらいまでを考えています

といっても切れることなく

夜までお客さんが来ることでしょう

スタッフたちにねぎらいの挨拶してみんなが帰った後が一人がんばりどころ

下北沢の花屋さんなんて

大晦日深夜までやってますからね

昨日 独りいつもの安焼肉屋へ行ったんですが

偶然にもひとつ向こうのテーブルに花屋さん二人が食事をしていた

何回か市場で顔を見たことある花屋さんですが

話をしたこともないので

聞き耳だけ立てて肉焼いてました

どうやら30日で花がなくなってしまって

31日の営業をどうするかと言う話でした

でもよくよく聞いていると

花がなくて困ったと言う感じではなく

後輩らしき花屋さんにどうだと言わんばかりに

売り切れたことや

花がなくてお客さんを断った話をしていた

店が31日までやるとうたっているのに

30日ではな売り切れてどうすんの?

完全に仕入れミスじゃん

とツッコミ入れたくなりましたが

知らない人なので黙って肉焼いてました

さあ今日はいったい何時に帰れるでしょうか

まだまだお客さんが引く気配はないし

長い戦いになりそう

一夜飾りなんて言葉は過去のものなんでしょうか?

『一夜飾りになるので年が明けたら飾ってください』と言うと

『え?そうなの?ぜんぜん気にしてなかった』とか

『へえ~』

といった具合

飾る飾らないはお客さんの自由なので関係ないんでしょうね

でも花屋としては

そういったことも接客の中で話を出してゆくことが大事なんではと思います

新年明けてまずは五節句で言うところの人日の節句があります

七草粥を食べる日です

そして小正月

節分 立春 桃の節句など続きます

年内に売れ残った松や千両も小正月までは店頭に並べておきます

花餅やまゆ玉などが手に入りにくいので

年末から置いておきます

そういう季節の花なんかを店頭で楽しんでもらえればいいのかな

さあ

今日はあと一回更新する予定ですので

この辺で

花屋の徒然
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
よろしかったらフォローお願いします
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
だから花屋はやめられない