" /> あーあの頃に戻りたい — だから花屋はやめられない

あーあの頃に戻りたい

今日は大量の水上げと配達などに追われながらも

なんか 不思議な一日

ことの始まりはFBでの友達の投稿

ホント些細な投稿からオレの一日は完全に浮ついた一日になってしまった

その友達とは

FBを始める何年も前から

このブログへコメントをくれてた人で

FBをはじめてからも いいね をしあう人

遠く離れているので会うことはありませんが

何年か前に一度お店に尋ねてきてくれたんです

そんな音楽好きな花屋さんくらいにしか感じていなかったのですが

その人の今日の投稿から

色々な記憶が蘇ってきました

東京に出たての頃

自分もバンドをやっていて

渋谷にあるビデオレンタル屋でバイトをしていました

そしてその近くのビデオ屋にいたのが

その人だったんです

その人が店員で俺は客

当時タワーレコードが今の場所になる前にあったところにそのビデオ屋さんがあり

当時珍しかった

PUNKのライブビデオがたくさんありました

海賊版て奴です

当時はお金も無く

海賊版とはいえなかなか買うことが出来なかったときに

本当に色んなライブを借りてはダビング借り手はダビングでした

そこにいた人がやっていたバンドも知っていたし

ライブも見に行ったりしてたんです

かれこれ 27、8年前でしょうか

その人は客の俺なんか覚えていないでしょうが

そんな昔に実は対面していた人が

今は遠くはなれたところで花屋さんなんです

そしてブログなどを通して交流があったんです

そんな記憶の糸をたどり続けた一日

なんかあの頃にもう一度戻れたらなあ

なんてしみじみ思っちゃいました

もしも戻れたら

また花屋をはじめるのだろうか?

それとも違う道を歩むのだろうか?

あの頃の自分に会う事が出来たら

きっとこう言うだろう

花屋はつらいよ

何十年後かにお前はとても苦労する

家族にも迷惑をかける

でも花の好きな友達がいっぱいできる

髪を脱色して

革ジャン着ていきがってたあの頃の俺は

何十年後かの今のオレの姿を見て

ロックのロの字も感じられない

白髪交じりの俺を見て

それでもお前は花屋をやるのか?

あの頃のオレはどう答えるだろうか?

聞いてみたい

よろしかったら押してみてください

こちらもよろしくお願いいたします

にほんブログ村 花ブログ 花屋(・園芸店)へ

花屋の徒然
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
よろしかったらフォローお願いします
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
だから花屋はやめられない