" /> 第一回 やる前に気づけよと言われそう(リライト記事) — だから花屋はやめられない

第一回 やる前に気づけよと言われそう(リライト記事)

第一回目

 

何から書きますか?

 

とりあえず初めに書きますが

これから書く内容はあくまでも個人の見解で

自分が今まで仕事をしてきた中でやりやすいやり方

良い変えればラクな仕事の仕方

そして仕事をするにあたって当たり前のことだと思ってます

 

もちろんそのやり方は人それぞれだし

もっといい方法もあると思いますので

その辺に関して

あまり深くは突っ込んでこないでいただきたい

 

あくまでも個人の見解です

 

 

まずなぜあえて下請けという形で

人から仕事をもらわなければならないのか?

自分でやればもっと儲かるのに

とお思いでしょう

簡単な話

1 ただ単に自分の店の売り上げが低いから

2 なかなか自分では大きな仕事は取れないから

3 人からもらった仕事の方が楽だから

 

 

1 これは一番の理由かも

perfumeも今まで儲かってはいないが

つぶれない程度に売れてる店だった

ある時期からだんだんだんだん売り上げが落ちてきた

 

特に何が変わってということもなく今まで通りの商売をしてきた

店のお客さんの多くは近所の人で

とても花の好きなお客さんが多かった

そんなお宅も親の代から子の代へ変わり

すっかり花など飾らなくなってしまった

節句やお墓参りなどにも花を買うことが無くなった

しいて言えば母の日くらい

そんな大げさに売り上げが落ちるか?

と思うでしょうが

実に右肩下がりで急降下です

 

それでもネット注文などは増え

まあ潰れん程度には売れてました。

 

自営業の人ならわかると思いますが

潰れない程度ではやってる意味ないんです

やっぱり儲けなくては

 

手を変え品を変え色々チャレンジするものの

それほど売り上げを左右するようなこともなく

そんな時 婚礼の装花をやらないか?という声がかかりました。

 

仲卸勤務時代に

仕入れを担当していた花屋さんからでした。

詳しい話を聞いて

マージンを取られ元請けに歩合を抜かれ

残った粗利の中から仕入れもしなくてはならない

出来るわけがない

最初はそう思った

 

しかし一日に2~3件請け負って

打ち合わせは無し

資材は元請持ち

花を仕入れて制作 施工 撤収

難関の婚礼件数と一件当たりの粗利を予想すると

儲かりはしないが

それなりの売り上げが毎月あがってくれる

 

思わず飛びついちゃいました

そしてこれがすべての負の始まり

仕事自体は寝ていたって元請けから入ってくる

もともと この元請けの装花自体

比較的単価の安い花と簡単にできる花なので

とにかく安く仕入れられる花を探せばいいだけ

 

始めた月から

どんどんバンバン仕事が入ってくる

最初の内は勝手も段取りもわからず

戸惑うことも多かったですが

大きなクレームもなく

体力的にはツラいですがそれは何に対しても仕事が増えれば同じこと

 

そこで少しでも楽にスムースに作業ができないかと

色々と工夫をしてゆくわけです

 

しかしそんなことよりももっと大きな落とし穴が待っていました。

その落とし穴とは実に仕入れ代のことで

この下請け業務

月の締めは末

入金は翌々月

要するに2か月先まで売り上げが入ってこないということ

予定では年間で960万くらいの売り上げがあり

月に約80万近くの売り上げ

 

ぶっちゃけた話

最初に計算した仕入れ原価は上代の35%

ここで言う上代とは

ブライダル会社から元請けへ入る売り上げ

 

実際にはお客さんが払う代金から

ブライダル会社(会場側)がマージンを引き元請けに支払い

そこから元請けがまたマージンを抜き

ウチに支払われる

 

この元請けに入る上代の35%で仕入れをすれば

ウチが元請けに請求する金額の半分が利益になる計算

 

単純に毎月80万くらいの売り上げだと

半分くらいは原価でかかってしまう

つまり最低でも40万くらいは余裕でもっていなければならない

それに店用の仕入れ

その色々と経費も増えてくる

それが翌々月 2か月分

要するに50万位の二倍

100万位なければだめだということ

 

やればやるほど経費がかかっていってしまう

ことに バカですねえ

気づきませんでした

 

その負の始まりにつきましては

また次回書きたいと思います

 

 

お付き合いありがとうございました

第何回まで続くかわかりませんが

暇を見て書いてゆきます

 

目指せ書籍化 (嘘です)

 

 

 

プロフェッショナル~下請けの流儀~
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
よろしかったらフォローお願いします
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
だから花屋はやめられない