" /> 1月7日人日の節句はぜひ家族そろって七草がゆを食べましょう —

1月7日人日の節句はぜひ家族そろって七草がゆを食べましょう

bloggerへの道

1月7日人日の節句はぜひ家族そろって七草がゆを食べましょう

1月7日 元旦からもう1週間もたってしまいました。
今日は人日の節句と言い 七草粥を食べます

最近ではスーパーなどに行くとこの日に合わせて七草がゆセットなるものが売られているので簡単に手に入れることができます
七草粥とは?七草とは?
7日の七草は春の七草と言い
セリ ナズナ ゴギョウ ハコベラ ホトケノザ スズナ スズシロ
セリやスズナ(カブ)スズシロ(大根)などは一般的ですがその他はどう見ても雑草です。
ウィキペディア先生によると
その歴史は古くからあり
諸説色々あるが
この7種の野菜を刻んで粥に入れて食べると、邪気を払い万病を除くといわれた

12月19日の記事でも書きましたが
冬至も同じような理由です。昔の風習ってこういうの多いですね
しかしそんな呪術的な意味ばかりでなく、
御節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もあるらしいですが
昔は本当に野菜が不足していたんだろう
あんな雑草みたいなもの食べて補うなんてね

ちなみに秋の七草というのもありますが
これは食べられません
きっとまだ冬になる前なので野菜不足になってないからだろうと思います
食欲の秋 まだまだ食べ物も豊富で山の幸などおいしいものがいっぱいだから、無視してあんな雑草みたいのを食べる必要がないんじゃないかと勝手に思ってます。

フラワーショップperfumeでも
年末からこの七草の鉢植えを販売しています

飛ぶように売れることはないですが
雰囲気物で年末から本日7日まで売ります
ちゃんと洗えばおかゆに入れられます
我が家では売り切れず残った鉢植えがあるときは
8日に家に持ち帰り8日に七草粥にして家族で食べます
青々しいさすが雑草といった感じの味
おいしいです

今年は3鉢残りました
家族4人で3鉢分は結構草っぽさ炸裂な七草粥になりますね

だんだん忘れ去られてゆくような古くからのこう言った風習はぜひぜひ
受け継いでいきたいものです
フラワーショップperfumeのお客さんはほとんどの人がご近所の人
それも年配な人が大半
開店当初にから来ている人はもういなくなってしまい世代交代が毎年あります
そういった人たちが次の世代にしっかりと受け継いでいかなかったので
世代交代のたびにこういった節句の花などの売り上げが下がってゆきます
店頭などでアピールしていますが、反応は薄いです
中には興味をもって飾り方など聞いてくる人もいますので、そういった人にしっかりと説明できるように花屋の人も勉強が必要ですね。
今日は気温も低くとても寒い
そんな意味でもお粥は温まります
冬になると鍋料理が増えると思います
〆に雑炊なんてご家庭もあると思いますので、そんな時はぜひ七草を刻んで入れて
七草雑炊なんていかがでしょうか?
やっぱお粥じゃなくちゃダメ?

その辺は時代に合わせて進化していけばいいかなと思っています
七草タピオカなんてのがあってもいいんじゃね?

ではでは