" /> 40代50代から始めるスノーボード その2【カッコから入ろう】 —

40代50代から始めるスノーボード その2【カッコから入ろう】

bloggerへの道

前回の自己紹介でやる気になったでしょうか?
やっぱり危ないからやめようってなったでしょうか?

どうもKUBOTAです。

 

 

今回は始めるには何から揃えたらいいのかってことです。
言っちゃえば何もそろえなくてもレンタルを使えばあとは重い腰を上げるのみです。
仕事にもよりますが自分のように外仕事だったり、朝が早い人ならこの時期 ヒートテックやタイツをご愛用かと思いますので、それで何とかインナーに使えます。正確に言えばヒートテックはあまりインナーには向きません
何なぜならものすごく汗をかきます あんなに寒いゲレンデで転びまくってるのに汗だくです
ヒートテックはそのかいた汗を外に出さないからです
そうすると下まで降りてきたときはハアハア言いながら汗かいてますが
次にリフトに乗った時に一気に体が冷えます
自分でも経験ありますが生地が汗を放出しないので首元の水がお腹までツーーーーと垂れてきました。
スポーツ用品店で売っている発汗発熱作用のあるインナーが売っていますがちょっとお値段が高いです
お勧めは量販店かワークショップで売っている屋外で作業する人が着るインナーが安くて機能性にも優れている気がします
とにかく暖かくしたほうがいいです もう歳ですからね冷えは大敵です

あとこれくらいは揃えてもいいんじゃないかというのがビーニー ゴーグル グローブですかね
ビーニーはとにかく冷え防止です。自分はバラクラバの上にビーニーかぶってます
ゴーグルも目を紫外線から守るために必要だと思います
あとグローブは必ずしたほうがいいです
レンタルもありますが、これだけならそれほど高いものじゃないのでこれから続けようと思ったら買ってもいいかな

あと先ほどタイツの話を書きましたが
出来ればプロテクターのついたタイツがあるといいかもです
とにかくコケます
帰りには尻持ちつき過ぎで歩けなくなります
慣れない運動のため全身筋肉痛になります
自分もいまだに一日滑った後は太ももと二の腕が痛くなります(二の腕は何でかわかりませんが必ずなります)

それとあると安心なのがヘルメット スノー用がいいですが安全第一なので工事現場の人がかぶってるやつでも駄目じゃありませんが、ちょっと恥ずかしいです
とにかくケガには用心したほうがいいです
若い人のように派手にコケて大けがということはないですが
小さな怪我でも治りの悪い年ごろです

もしウェアも買い揃えたいという人がいるなら性能がいいものがいいですね
高いですが作りもしっかりしているし何シーズンも使えます
amazon楽天 yahooショッピングなんかで検索してみると安いウェアもいっぱい出てきます
そんな激安物でお薦めなのがポンタぺスというブランド
激安の割には意外と性能がいいと思います
今でもここのプロテクター付きインナーとヘルメットを使ってます
有名メーカーの半値くらいで買えます
そして自分も最初はここのウェア着てました。
残念ながらパンツはワンシーズンで尻のあたりの防水が効かなくなりました。今は撥水洗剤などで洗ったりしています
ゴアテックスなものは性能もいいですがやっぱり高いですから
とりあえずこんなのでもいいかなとしかしお求めやすい価格のため、
ゲレンデで同じものを着た同じ初心者さんと必ずと言っていいほどかぶります
リフトに一緒に乗ったりするとペアルックかというくらいちょっとお互い恥ずかしいです
それと少し派手でおじさんが着るにはちょっと浮きますね

スノーボードショップなどに行けば
性能のいいウェアの型落ちがいっぱいありますのでそれを買うのもいいかもです
やっぱ若者に人気のスポーツですから
どちらかというと若者よりです
シックな色やコーディネートであまり派手派手にならないように選ぶのも実はおじさん初心者ボーダーの楽しみでもあります
お店の人も表面上は優しいですよ

それにフードかぶってゴーグルしていれば意外に歳に見られません
歩き方がヨボヨボでなければの話です
休憩中もトイレに行くときもフードゴーグルを外さなければいいんです
多分無理でしょうけど

とまあ
今日はまずはカッコから始めようということでジジイボーダースタート編でした。

ゲレンデデビューまでもう少し

 

 

ではでは

bloggerへの道 スノーボード スノーボードを始めよう 花屋の徒然
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
よろしかったらフォローお願いします
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
だから花屋はやめられない