" /> perfumeのお買い得花束が喜ばれているわけとは? — だから花屋はやめられない

perfumeのお買い得花束が喜ばれているわけとは?

bloggerへの道

こんにちは

まだ2月なのにポカポカ陽気が続きます
フラワーショップperfumeには、いつも店内と店頭にたくさんの花が並んでいます
今日はその中でも店頭にあるお買い得花束のお話

perfumeのお買い得花束が喜ばれているわけとは?

お買い得花束とはスーパーなどで見かける何本かまとめてかんたんな花束になっているお花です
一昔前なら スーパーの花は日持ちがしない、鮮度が悪いなんて思われていました。

それでもよく売れるのは値段が安いから

しかし最近ではスーパーなどに置いてある花もだいぶ鮮度がよくなってきたような気がします
ただ毎日の管理が行き届かないので、致し方ないかなと思っていますが
専門店と加工屋さんそれぞれの分野でいいとは思います

消費者の方が自由に選んで花屋さんの花とスーパーなどの束売りと使い分ければいいのですから

フラワーショップperfumeには両方のお花があり

店内には一本から買えるお花
店頭には何本か束になったお花
店頭のお花は本当にお買い得なお値段だと思います

そしてそのお花にもチョットした拘りがあります
まず『束になったものって、店内で古くなったもの?』と思われがちですが
フラワーショップperfumeでは束用に仕入れを分けたり
折れて短くなってしまった物
水揚げの際、枝分けしたもの
市場で規格外(茎が曲がっていたり、規格よりも細かったりなど、花が少し小さい物など)を束用にしています。
なので鮮度は店内の花と変わりありません

がしかし

一つだけ欠点はスリーブやセロハンで巻かれてはいるものの
店頭(店の外)に陳列されていることですかね

どうしても温度や風などにあたってしまいます
ただ毎日店頭に出す際には水替えや切り戻しをして品質管理はさせていただいています

それと他と違うもう一つの拘り
これには賛否両論 いろいろな意見があると思いますが
当店では同じ品目(同じ花)で数本の束にしています
季節の花束といって組み合わせたものも並べますが基本的には同じ花を数本が束になってます。

これには理由がありまして、何束か合わせて買っていただきたいのと、自由な組み合わせでお客様が楽しんでもらいたいというのが理由です。

380円から800円までお手ごろな価格で毎日販売中
なんと一束に一袋栄養剤がついているのも喜ばれています

本日店頭に並んでいるのは

オリエンタルユリ2本で800円

桃 5本で550円

バラ ミックス 7本で550円

トルコキキョウ 2本で550円

スイートピー 10本で380円

菜の花 5本で380円

六条麦 10本で380円

ミモザ 2~3本で550円

このほか日替わりでいろいろ追加になります

皆様のお越しをお待ちしております

ではでは

bloggerへの道 花屋の徒然
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
よろしかったらフォローお願いします
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
だから花屋はやめられない