" /> ウィルス騒ぎで仕事は激減!ゴースト花屋にでもなるか —

ウィルス騒ぎで仕事は激減!ゴースト花屋にでもなるか

毎日毎日 感染者が出たと相変わらず
トップニュースは新型肺炎コロナウィルスの話題
マスク品薄 買占めに続き トイレットペーパーやティッシュはてはキッチンペーパーまで品薄になった。
WHOの発表で感染予防にマスクは不要という発表があったり
紙類がなくなるのはデマだったりしても
それでも不安にかきたてられ、血眼になって探しているようです。
SF映画の世界です。
今日デイリーニュースのネット記事でタレントのアグネス・チャンさんが『買占めをやめて』などと言っていました
何か事あると有名人の人がそういった意見を言っていますが
あれって効果あるんでしょうか?
例えば人気アイドルが『〇〇はやめよう』といったところで事が収まるんでしょうか?まったくもって疑問です
同じような話で政治家の人が本当に庶民のことを考えているのか疑問なところです。

結局庶民のことは庶民にしかわからず
貧民のことは貧民にしかわからないんです

今朝市場仕入れの時に知り合いから聞いた話も
イベントなどが次々にキャンセルになったと市場内の仲卸の人の話でも
注文のキャンセルが続出してるらしく、花の相場もダダ下がり状態
こうなると生産者さんも大打撃です
先日のニュースでは自粛などで出た損失に助成金が出るらしいですが、
花屋さんの多くは注文はキャンセルになってしまったがまだ仕入れをしていないので、
事実上損失はなく、繁忙期になるはずの3月の売り上げの見込みが立たなくなってしまったということのほうが多い
当てにしていたものがなくなったということ
こうなると助成金の対象にはならない気もする
結局はつらい思いをするんです

今朝も市場でubereatsの話を聞きたいといわれました。
こちらのほうは相変わらず盛り上がっているようで注文は途絶えません
これに乗じて店舗を持たず配達店という形でオープンするところも多く
ゴーストキッチン ゴーストレストラン またの名をバーチャルレストランというものが増えてきている
どういったことかというと店舗費用などの開業資金を掛けずに店内での飲食はなしで
ubereatsやそのほかデリバリーサービスに料理を配達してもらう店舗のことです
多分これからもっとこういったお店が増えてくるんじゃないでしょうか
例えば
表向きは花屋さんですがおいしそうな料理の写真を撮り ネットに登録
鍋一つでカレーを煮込み 炊飯器でご飯を炊き、
パッケージプラザのようなところで売っているパックに入れて
あとはデリバリー屋さんに配達してもらう
一昔前に 花屋&カフェなんて言うのがお洒落な時もありましたが、店舗面積もある程度必要だし、キッチン器具やもろもろお金がかかります
これならわずかな資金で始められますし
誰か一緒にやりません?

またはこんなことも
ubereatsの場合、料理を配達しますが 街中に配達員がいます
例えば 今すぐ花を配達してほしい この店のアレンジメントが欲しいといったときに
ネットからユーザーがその花屋さんに注文を入れる
店は注文が入って花を制作 梱包をする
近くにいる配達員が店に回収に来てそのまま配達
なんて言うシステム誰か考えてくれないでしょうか
クラウドファンディングでも募集しようか
こうなるとゴーストレストランのようなゴースト花屋みたいのも出てくるんでしょうか?
しかし今現在こんな花屋はいっぱいありますね
店舗は構えず注文だけを発送するとか

という今日は夢のような話でした

ではでは

bloggerへの道 副業のすすめ 花屋の徒然
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
よろしかったらフォローお願いします
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
だから花屋はやめられない