" /> SNSで流行「アマビエチャレンジとは」 — だから花屋はやめられない

SNSで流行「アマビエチャレンジとは」

bloggerへの道

さいきんSNS で流行アマビエチャレンジとは?
今日はそんなお話

3月は花屋にとってとても大切な月です
桃の節句から始まり、卒業 卒園 謝恩会 そしてお彼岸
3月末の送別 離任など1か月の中でこんなにイベントの多い月はないです。
はっきり言って儲かる月
儲けておかないとならない月なのですが、このところのコロナウィルス騒ぎで日本中だけじゃなく世界中が大変なことになってます。
そのほか3月というと3.11があったりオウム真理教によるテロ事件 地下鉄サリン事件がありました。
地下鉄サリン事件から今日で25年になります
四半世紀ですか
アッという間のようですが被害にあわれた方ご遺族の方たちには長い年月でもあると思います
どんな理由があるにしてもこれは無差別テロです。
決して許してはいけないことだと思います
そんな事件を起こした教団も首謀者たちが逮捕されても残った信者たちは分裂した団体になり今でも活動を続けているそうです
普段はこのブログで宗教や政治のことはできるだけ触れないように書いていますが、
これに関しては宗教問題ではなく狂人集団が起こした。テロ行為と思っています。

そんな思いのある3月
今日から3連休の人も多いことでしょう
天気も良く、朝からお墓参りに行かれる人でお店は賑わいました。

せっかくの3連休ですがコロナウィルス騒ぎで外出を控えていたり、混み合う電車での移動を避けたりしてなのか?
今日は道路がどこへ行っても渋滞していました。
せっかくの休み本当なら観光地やディズニーランド USJなんかに行って楽しみたかったでしょう
だからこそ早くこの騒ぎが治まってほしいもんです

最近SNSなどで見かける『アマビエ』
アマビエとは何ぞや?
アマビエというのは妖怪の一種で
水木しげる『ゲゲゲの鬼太郎』にもサブキャラとして登場するほどとてもポピュラーな妖怪らしいですが、知名度はいまいちです。
その妖怪アマビエは
光輝く姿で海中から現れ、豊作や疫病などの予言をすると伝えられている

こちらがアマビエです

ウィキペディア先生によると

江戸時代後期の肥後国(現・熊本県)に現れたという。
この話は挿図付きで瓦版に取り上げられ、遠く江戸にまで伝えられた。
弘化3年4月中旬(1846年5月上旬)のこと、毎夜、海中に光る物体が出没していたため、
役人が赴いたところ、それが姿を現した。
姿形について言葉では書き留められていないが、挿図が添えられている。
その姿は人魚に似ているが、口は嘴くちばし状で、目は菱形、黒目(虹彩)と白目があり、
耳らしきものもある。髪と思しき直線的なものが頭部から伸び、その長さは体長に等しい。
首から下には胴体があるが、鱗に覆われた魚体で、しかし、腕は見えない。これは描き手の稚拙さによるものか、髪と思しきものに隠されているだけなのか、それとも本当に無いのかと、可能性は様々で全くの不明と言うほかにない。胴体の下部、人間なら下半身にあたる部分は、尾鰭おびれのようにも足のようにも見える部位が三股に分かれており、体はその三股によってか波間で立ち泳ぎをしているように見える。
その者は、役人に対して「私は海中に住むアマビエと申す者なり」と名乗り、「当年より6ヶ年の間は諸国で豊作が続くが疫病も流行する。私の姿を描いた絵を人々に早々に見せよ。」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行った。

と言われている。

そんな疫病などを予言する妖怪ということで
さいきんのSNSでは「アマビエチャレンジ」というのが流行っている

それは何かというと
これまたウィキペディア先生によると

「疫病退散にご利益があるというアマビエの力を借りよう」
「コロナウィルス対策としてアマビエのイラストをみんなで描こう」との発想から、
妖怪掛け軸専門店「大蛇堂」が、
妖怪ファンは周知ながら一般にはほとんど知られていない
アマビエの解説と共に大胆にアレンジした強面のイラストレーションをTwitterに投稿したところ、
この考えに賛同した多くのTwitter利用者がハッシュタグ「アマビエ」「アマビエチャレンジ」「アマビエ祭り」などを付けて
アマビエを自己流にアレンジした作品(イラスト、漫画、動画、ぬいぐるみ、あみぐるみ、刺繍、フィギュア、スタンプ、その他小物など)を次々に投稿するのが大流行しています

またアマビエと似たものの中に『アマビコ』というのもいるらしいですが
こちらはあまり人気がないのでしょうか?
こちらがアマビコです

原典たるアマビエの予言(アマビエの瓦版の原文)は
「(これから先、)豊作が続くが疫病も流行する。私の姿を絵に写して人々に見せるべし。」と言い
「絵を見せることで疫病が収まると言っているわけではない」と解釈する人もいる。
一方、アマビコの方は
「私の姿を見る者は無病長寿、早々にこのことを全国に広めよ」と告げている。
本当ならSNSで見て、拡散すべきは「アマビエ」ではなく「アマビコ」の方かもしれない。」と言っている人もいるらしいです

どちらにせよ 妖怪頼みだろうが
この騒ぎ 早く終わってもらいたいもんです

ではでは

bloggerへの道 花屋の徒然
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
よろしかったらフォローお願いします
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
NAOHIDE KUBOTAをフォローする
だから花屋はやめられない

コメント