" /> 6月21日父の日 — だから花屋はやめられない

6月21日父の日

bloggerへの道

昨日6月21日は父の日でした。
毎年6月の第三日曜日が父の日です。
5月の母の日に比べると少し忘れ去られた感否めない父の日ですが、
やはり今年はいつもと違うのでしょうか?
多くの注文頂きました。
そんな父の日のお話です。

一日明けて 今日は雨の一日
父の日は何とかお天気も持ち、どこの花屋さんもお父さんへの感謝のお花を求めるお客様で繁盛したんじゃないでしょうか?

フラワーショップperfumeは父の日当日は申し訳ありませんでしたがお休みさせていただきました。
ご注文頂いていたお花はすべて宅配便にて発送させていただきました。
父の日当日に休んでしまうことを最後まで悩みましたが、臨時休業にしました。
というのも個人的なことですが自分のオヤジの命日にあたります。
父の日が第3日曜ということで、命日21日が必ず父の日というわけではないのですが、
今年は父の日が21日にあたるということは
やはり特別な今年の父の日なのでしょうか?
普段お墓参りにもなかなか行けず
いつも心のどこかに引っかかったものが残っているので
今年は思い切ってお休みさせていただき、実家へ帰ってきました。

おふくろはまだ健在ですが、だいぶ年老いてしまっています
孫たちを連れて帰ると本当に喜んでくれます
長女は親父の面影を覚えていて一緒に遊んだことなども記憶に残っています
次女は親父が亡くなった。翌々年に生まれたので会ったこともありません

オヤジの思い出は今でも自分の中には生きています
楽しかったことやいろいろと後悔することまで

葬儀の時、お坊さんの話してくれたことの中に
後悔があって当たり前
それがあるからいつまでも故人を忘れることなく思い続けていられると言っていただいた。

そうはいってもねえ

後悔よりはいい思い出だけで親父を思い出したいけど
やっぱり あーすればよかったこうすればよかった
そんなことばかり考えてしまいます
命日から10年たちました。
その気持ちは今でも変わりませんね
逢いたい気持ちも今でも少しも変わりません

実家に帰ってお線香をあげると
何だか気持ちがリラックスします

大事な物日に商売を休んでまで
オヤジがあの世からそういっている気がしますが

自分的には家族を連れて実家へ帰ったことはとてもよかったと思っています
また今日から頑張って商いやっていきます

ではでは